Archive for the ‘離婚・国際離婚’ Category

慰謝料は450万円、養育費は月額35万円

2019-11-01

30年近く、夫からモラハラを受けてきた妻(依頼者)の代理人として交渉し、4ヵ月間の交渉後、2019年11月、協議離婚が成立した。慰謝料は450万円、養育費は月額35万円との有利な内容の協議が成立した。

財産分与として300万円支払い調停が成立

2017-05-03

前妻(依頼者)は、既に成立した離婚に伴う財産分与を前夫に求める調停を申し立てた。前夫は、依頼者に対し、財産分与として300万円を支払うとの内容で、2017年5月、調停が成立した。

月額養育費8万円及び学資保険料月額1万円

2017-05-01

妻(依頼者)は、別居中の夫を相手方として離婚調停を申し立てた。2017年5月、子の親権者を妻(子の母)とし、夫は妻に対し、月額養育費8万円及び学資保険料月額1万円を妻に支払う、2週間に1回の面会交流との内容で調停離婚が成立した。

婚姻費用請求調停の成立

2016-06-20

2015年12月:婚姻費用請求調停事件(依頼者は妻)で、双方の収入をもとに算定表に基づいた金額にて調停が成立した。離婚理由の存否について、争いのある事案だったが、その後、調停離婚が成立した。(Y’s-14-134)

国交のない国に住む相手方との離婚訴訟。

2016-06-01

妻(依頼者)は、日本と国交のない国に住む夫との離婚訴訟を家庭裁判所に提起した。公示送達なり、離婚、親権、金銭の返還など妻の請求が全て認める判決が出た(14‐123)

フィリピン人女性と日本人夫の離婚

2016-05-22

フィリピン人女性と婚姻し、一児ももうけたが、2008年より、妻子と別居している日本人男性X(当事務所の依頼者)は、2015年4月、家庭裁判所に離婚調停を申し立て、同年7月、子の親権者を母と定め、Xが200万円の解決金と月額8万円の養育費を支払い、月2回程度、子と面会交流する旨の調停条項にて、調停が成立した。(14-138)

DV夫とフィリピン人妻の離婚

2016-05-21

2008年に日本人男性Yと婚姻し、一児をもうけたフィリピン女性X(当事務所の依頼者)は、YからのDVや、子に対する不適切な言動のため、2015年1月、子を連れて家を出た。2015年3月、家庭裁判所にXを申立人、Yを相手方とする離婚調停を申し立てたが、Yが調停に出頭しなかったため、調停を取り下げ、同年8月、離婚訴訟を提起した。その結果、同年12月、離婚を認め、子の親権者をXとする旨の判決がなされ、翌月、同判決は確定した。    (15-015、089)

外国に住む日本人夫との離婚訴訟

2016-05-17

妻(依頼者)は、日本と国交のない国に住む夫との離婚訴訟を家庭裁判所に提起した。公示送達なり、離婚、親権、金銭の返還など妻の請求が全て認める判決が出た(14‐123)。

夫を子の監護者とする調停が成立

2015-06-01

2015年3月:離婚裁判係属中、外国人妻が子を国外へ連れ去った。その後、妻は、調査官調査のため子を連れて日本に戻った際、子ども自身が、児童相談所に保護を求めた。子の引渡し審判を申し立てて、子は日本人夫(依頼者)のもとに戻り、夫を子の監護者とする調停が成立した。家事事件・子ども(監護権)
Y’s-15-022

夫婦関係等調整調停(円満調停)を申し立てた

2015-04-17

依頼者の女性Xは、2014年7月、家庭裁判所に夫婦関係等調整調停(円満調停)を申し立てた。4回の調停の後、2015年1月、1.Xと夫は離婚する、2.夫がXに解決金を支払う、3.年金分割についての按分割合を0.5と定めるとの調停条項で、調停が成立した。(14-76)

« Older Entries
Copyright(c) 2014- satsuki law Firm All Rights Reserved.