Archive for the ‘日本人の配偶者等’ Category

日本人の配偶者等で罰金40万円のみ

2016-12-01

2016年12月:日本人の配偶者等の在留資格の中国人女性(依頼者)は、2度目の客引きにより逮捕、正式起訴された。正式裁判の結果、懲役刑・執行猶予ではなく、罰金40万円となり、在留資格に直接の影響はなかった。

難民申請中に「日本人の配偶者等」(在特)が認められた。

2016-06-23

2015年12月:難民申請による仮放免中に日本人と婚姻したが、難民も在特も不許可になり難民異議申立てをしていた依頼者に、「日本人の配偶者等」の在特がなされた。難民は認められなかった。在特の可能性について、入管からは、以前、依頼者が口頭審理放棄をしていることから再審対象にはならないとの説明を受けていた。(Y’s-14-46)

罰金刑を受けたがN1(日本語検定1級)を取得した事で5年経過せず「3年」を許可

2016-06-22

2015年11月:罰金刑を受けた後、「日本人の配偶者等」の在留期間を「3年」から「1年」に減らされた依頼者が、罰金から5年経過しないうちに「3年」を許可された。N1(日本語検定1級)に合格したことが大きかったと思われる。(Y’s-14-)

「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書が交付

2014-12-10

【日本人の配偶者等】
2013年7月:日本人女性が、Facebookで知り合った外国在住の外国人男性とスカイプで遠距離交際を継続し、結婚に至ったケースで、当該男性の呼び寄せ手続きをしたところ、「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書が交付された。 (Y’s-13-10)

不法入国歴のある者の在留資格認定許可申請

2014-09-16

【永住者の配偶者等】
2014年2月:永住者の夫が、オーバーステイ歴と不法入国歴のある同国人の妻子の在留資格認定許可申請をし、これが許可された。なお、夫妻は10年間の離婚期間を経ての再婚で、夫は、その間、日本人女性と婚姻していた。 (Y’s-13-105)

難民申請、就労ビザ不許可、日本人配偶者等が認められる

2014-06-07

依頼者は、当初難民申請をし、難民申請のための特定活動の在留資格で在留。その後、就労ビザへの変更申請を2回するものの、不許可となったが、その間、日本人と婚姻したため、日本人配偶者等への在留資格変更申請をし、認められた(13-097 2014年6月)。

Copyright(c) 2014- satsuki law Firm All Rights Reserved.